スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大津事件の地

 1891年、滋賀県大津市で日本を訪問していたロシア帝国皇太子ニコライ二世が警備していた警官に切りつけられるという事件が起きた。いわゆる「大津事件」である。

 この事件の持つ歴史的意義は大きい。簡単に言うと、当時の世界は帝国主義・弱肉強食で、日本は弱小だった。その日本の警官が世界最強の陸軍国であるロシアの皇太子を暗殺しようとしたのだから、大変なことだ。ロシアにとっては日本に戦争を仕掛けるには十分な口実となるし、賠償金代わりに北海道か九州あたりを取られてもおかしくはない。日本政府はせめて犯人を死刑にしようとしたが、問題があった。同時の刑法では、皇族に対する危害を加える大逆罪は死刑、一般人に対する殺人未遂は無期徒刑だった。皇族とは日本の皇族のことであり、外国の王族は含まない。しかし、政府は大逆罪を適用しようとした。死刑にしないとロシアと戦争になると恐れたのだ。当時の日本はロシアと戦ってもまず勝ち目は無い。これに対し、大審院の児島院長は反対だった。近代国家は法律で定めた刑罰しか科してはならないという罪刑法定主義の考え方を重視したのだ。
 最終的に、一般人に対する殺人未遂として扱われ、犯人は無期徒刑になり、法律は守られた。これは近代国家の証として評価された。日本の裁判所は政府の言いなりではない(司法権の独立)、何かやった後いきなり法律ができてそれを根拠に処罰されることはない(遡及処罰の禁止)、これなら自国民の裁判を日本に任せることが出来る(治外法権解消)、というわけだ。当時、日本で犯罪を犯した外国人の裁判は出身国が行うという治外法権が存在したが、欧米列強はその治外法権を解消してもよいのではないかと考えるようになった。そして、幸いなことに、ロシアはその措置を許容した。

 今回はそのような事件が起きた場所を訪れてみた。



 場所は大津駅近く。地図でAと印を付けている所だ。

地図2

地図1




画像1

DSCN5122.jpg

DSCN5126.jpg


 この道を人力車に乗ったニコライ二世が通っていたようだ。

DSCN5124.jpg

DSCN5123.jpg


 興味の無い人にとってはただの裏通りだが、近代日本史好きの法学部生としては来てよかったと思う。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

tag : 大津事件 大津市

プロフィール

松岡智之

Author:松岡智之
京都に住む大学生です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。